横浜、川崎、東京の観光名所

定年くん定年くん

観光で投稿したつもりがグルメリポートしかしてない😣勿論今回の出張の目的は観光です‼

節約ちゃん節約ちゃん

仕事しろよ

横浜中華街ならオーダーバイキング

横浜は中華街も良いんですが、やはり近場の山下公園を散策するのも定番ですよね。

アベックだらけの公園をむさ苦しいオッさんが歩くのは気が引けますが、ホント景色も雰囲気も良い場所です。

中華街も含めて神戸にも同じ様な場所があり、錯覚するような共通項が見出せます。

 

 

バラ園や重要文化財の氷川丸を眺めながら海岸沿いを歩きます。

 

 

この日はは軍艦?

みたいのが停泊してたりして、さすが国際色豊かな港町です。

 

 

 

 

翌日は川崎に移動し、JR川崎駅西口にある東芝科学未来館を訪問。

カラクリ儀右衛門と言われる東芝創業者の田中久重氏。(ドラマ仁で登場し、主人公の手術に無尽灯を提供した人物)

彼が作ったからくり人形、盆童子だったか、教科書にも載ってますよね。

レプリカですがたまたま実演を見れました^ ^

お盆に茶碗を乗せるとテクテク歩いて、お客様がそれを取ると引き返していく動作を一つのゼンマイだけで実現する、凄いからくりです。

 

 

東芝の歴史や事業を勉強出来る上、子供さん向けのイベントも多く開催されています。

便利なラゾーナ川崎に隣接し無料です。

http://toshiba-mirai-kagakukan.jp/

 

川崎から南武線で登戸に移動専用バスで藤子不二雄ミュージアム(http://fujiko-museum.com)の筈だったのだけど。。

o̖⸜((̵̵́ ̆͒͟˚̩̭ ̆͒)̵̵̀)⸝oが見れると期待してたんですが、予約チケットを用意してなくて入れませんでした。。

予めローソンで予約しろとサイトに書いてあるので、よく読みましょう。

 

気を取り直して20分ほど歩いて生田緑地公園に入って日本民家園(http://www.nihonminkaen.jp)

23棟にもなる古い民家を日本中から移設して来た場所です。

水車小屋は車軸も軸受もすべて木でできているのに、滑らかに回っているのが少し感動したりします。

 

 

 

裏に回ると水車軸から動力を貰って直角に回転を伝える歯車が見られます。

全部木で作っていて、昔の人は大したものですね。

 

 

 

 

どの家も土間までは入れるので、中から柱の構造が観察できます。

天井には蛇の様にくねくねと巡る梁が重い藁葺き屋根をしっかり支えており、木造軸組み建築の粋を見れた気がします。

 

 

日本民家園をまっすぐ通り抜けると、近くにあるのが岡本太郎美術館(http://www.taromuseum.jp)

 

大阪万博の太陽の塔で有名な画伯ですが、絵も含めて僕は今まで受け付けなかったんですよね。

でもこの齢になると不思議に憧れが強くなってます。

飾られている絵画は、落書きみたいで頑張れば誰でも描けると思ってしまうタッチなのに、

 

マラソン!

とか顔!

とか題目をつけて、見る人をなぜか納得させてしまう我儘勝手なところ、すごく自由なんですよ。。それが窮屈なサラリーマンには羨ましくて。。

 

 

 

翌朝は東京築地

 

築地なら場内市場のおすしが一番

築地場外市場の炙りウニ定食はお勧めです

市場の隣にあるのが築地本願寺

親鸞さんを宗祖とする浄土真宗を信仰し、

京都の世界遺産の西本願寺を始め、各地に点在する本願寺の一つです。

 

浄土真宗はとにかく豪華賢覧ですよね。

入るのは自由なので、僕はよく中でお経を聞きながら寝てます。

 

 

午後から友人と一緒に国会議事堂

外観正面から見て左側が衆議院、右側が参議院。

この日の見学コースは衆議院でした。

本会議場はこんな感じで、正面議長席の上は天覧席だそうです。

ほぼ全部日本製、天井のステンドグラスがイギリス製とか解説してました。

初見なのでなかなか感動しました。

 

 

裏手に回って受付で申し込めば無料で見学できます。1時間コースです。

 

 

最後は浜松町を降りてすぐの浜離宮恩賜庭園

こじんまりとして落ち着いた緑の庭園と隣接するビル街の組み合わせは、緑豊かな大都会、東京らしい風景ですね。

 

 

 

 

 

それにしても、今回の旅で一番便利だったのはモバイルSUICAでした。

僕は愛知県で、基本車で移動しているので公共交通機関は全く利用していません。

 

たまに、こういう出張がある時に使う程度で、

出張先では電車に乗るたびに行先までの運賃を凝視しながら切符を買ってました。

 

まあ、IC改札機が増えてきてるのは知っていたんですが、たまに使う分には

あえてカード作るのもいやで、しかも最近切符売り場はガラガラで問題ないかと。。

そもそも関東エリアのJRとか、地下鉄とか全部登録するのもねえ。。

 

ただ今回同行した方がスマホで出入りしてるのを見て根堀葉堀きいてみると

今はえらい便利そうなんですよね。

SUICAは関東地区だけでなく、愛知は勿論、

北海道や九州まで全国どの公共機関でも使えると。。少し割引あるし。

 

しかもクレジットカードがあればスマホで簡単に登録できて、

VIEWカードなら年会費も無料でオートチャージ可能(関東エリアのみ)とか。。

 

僕のスマホはiPhone7で対応可能だし、たまたまVIEWカードも持っていたので

早速登録して使ってみると、ほんと、どこでも使える。

 

かなりローカルなバスでも使える。

 

今まで切符買うのに並んでいたのは馬鹿馬鹿しかったなあと思うばかりでした。。

 

因みに僕の世代は車掌さんが改札で切符を切ってくれてた時代で、

切る切らない関係なくチャカチャカチャカチャカ鋏を動かしていたのを思い出します。

職業病なんですかね、、腱鞘炎にならないかと心配したものです。

 

その後自動改札ができてスイスイ通れるようになり、今はICの時代ですか。。

 

自動改札機もすごいカラクリで、結構費用が掛かりそうだけど

ICならシンプルで導入費用が浮くんだろうな~と、いらん事考えながら

とりあえず一歩文明の進歩に追いつけた気がしてます。